健CoQ(ケンコク)

ダイエットに効果的なコエンザイムQ10の選び方と摂り方

生活習慣病やアンチエイジングなどへのサポート効果が期待できるコエンザイムQ10ですが、「楽して痩せたい」「忙しくてトレーニングする時間がない」という状況において、ダイエットサポート効果はあるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コエンザイムQ10のダイエットに役立つ効果や含まれる食材、摂取方法などを紹介して、おすすめのサプリメントもご紹介していきます。ぜひご一読くださいね!

コエンザイムQ10のダイエット効果 

コエンザイムQ10のダイエットをサポートする効果を紹介します。

脂肪が燃焼しやすい身体づくりができる

コエンザイムQ10には、細胞内で栄養素をエネルギーに変換するミトコンドリアを活性化する働きがあります。タンパク質や脂質などの栄養素は、ミトコンドリアがエネルギーに変換してはじめて、日々の活動で使える状態になります。

コエンザイムQ10を継続して摂取していると、ミトコンドリアが活性化し、食事でとった栄養素がスムーズにエネルギーに変換されるようになります。蓄積された脂肪の分解も促進され、太りづらい身体づくりができます。

血流を促進して新陳代謝を良くする

血液の流れが良くないと、リンパ液の流れも滞りがちで、ダイエットに不可欠な新陳代謝も効果的にはおこなわれなくなってしまいます。つまりせっかく運動をしても結果が出にくくなるので、血流を促進することはとても重要なのです。

コエンザイムQ10は、強い抗酸化作用で活性酸素を中和し、血管の内側に付着する過酸化脂質の増加を抑える働きがありますので、血流促進にとても効果的です。

継続して摂取することで、ダイエットの効果が出やすい身体にしていくことができます。

コエンザイムQ10を含む食材リスト 

コエンザイムQ10を多く含む食品と、100gあたりのおよその含有量を紹介します。

肉類
豚肉  3.1mg
牛肉  4.1mg
魚介類
サバ  4.3mg
イカ  2.4mg
イワシ 6.5mg
野菜類
ブロッコリー 0.9mg
ほうれん草 1.0mg

食品から1日に必要なコエンザイムQ10を摂取しようとした場合、牛肉だと3kg、イワシで10匹も食べなくてはなりません。継続して摂るのに現実的な量とはいえず、食品を大量に摂るとカロリーも気になります。

食品で摂りきれないコエンザイムQ10は、サプリメントで補うのがおすすめです。

還元型コエンザイムQ10サプリメントを摂取する

コエンザイムQ10サプリメントは「酸化型」と「還元型」の2種類に分けられます。それぞれの特徴をご紹介します。

コエンザイムQ10は酸化型と還元型の2種類ある

コエンザイムQ10には、酸化型と還元型の2種類があります。

一つ目の酸化型コエンザイムQ10は、体内でエネルギーを使って還元型に変換する必要があります。その際にすべてを変換できない場合もあるので、吸収効率がよいとはいえません。

酸化型コエンザイムQ10のメリットとしては、生産コストが安いため、値段も比較的手頃となっていることが挙げられます。

二つ目の還元型のコエンザイムQ10は、酸化型のように体内で変換する必要がなく、そのままの状態で人体で働けるコエンザイムQ10なのです。

したがって吸収効率がよいことが一番のメリットですが、一方で酸化型よりは生産コストがかかるため、少々割高となっていることが多いでしょう。

体内で酸化型のコエンザイムQ10を還元型に変換するために必要となる力は、年齢を重ねるにつれてどうしても低下してしまうので、中高年の方には特に、還元型がおすすめです。

運動やバランスのよい食事も忘れずに

コエンザイムQ10はダイエット食品ではありません。健康補助食品として効率のよいダイエットができるように補助するためのものです。ただ飲めばやせるものではないことを、理解しておきましょう。

適度な運動とバランスのとれた食事に加えることで、効果が期待できます。

おすすめサプリは「ステラの贅沢CoQ10」

「ステラの贅沢CoQ10」には高品質の還元型コエンザイムが配合されています。品質管理の行き届いた国内工場で製造しているので、安心して利用できます。

還元型コエンザイムQ10以外にも、美容と健康におすすめのローヤルゼリーや高麗人参、品質を保持する役割を持つクリルオイルなども配合されています。

初回は2,780円(税抜)で2袋(1袋30粒入り)購入できる(2018年4月18日時点)ので、1日あたり100mgの還元型コエンザイムQ10が約93円で購入でき、コスパも優秀です。

コエンザイムQ10の適切な摂取量&タイミング 

適切な摂取目安量

コエンザイムQ10の適切な摂取目安量は、目的によって違います。美容や健康のためであれば、1日あたりの適切な摂取目安量は60~100mgです。

ダイエットにおすすめの摂取タイミング

一般的に、コエンザイムQ10は食中・食後に飲むのがよいとされています。コエンザイムQ10は「補酵素」であり、酵素と一緒に摂ることで食事の消化・吸収を良くするからです。

ダイエットを目的として運動をする場合は、コエンザイムQ10がもつ燃焼を高める働きが身体に行き渡ってから、運動をするのがおすすめ。運動をする2~4時間前に飲むのが効果的です。

コエンザイムQ10の副作用について

基本的に副作用はない

コエンザイムQ10は体内でももともと作られている成分なので、基本的に副作用がなく、どちらかというと他の薬やサプリメントなどとの飲み合わせに注意が必要です。

また、コエンザイムQ10に限らないことですが、摂取目安量を大きく超えた過剰摂取は体調を崩す原因ともなりかねませんので、注意しておきましょう。

薬との飲み合わせには注意が必要

コエンザイムQ10に副作用はないものの、他に薬を服用しているときには、飲み合わせが問題になる場合があるので注意が必要です。

飲み合わせに注意が必要な薬として血圧・血糖値を下げる薬が挙げられます。血圧・血糖値を下げる働きのあるコエンザイムQ10と一緒に服用すると、血圧が下がりすぎる可能性があるからです。

また、血液凝固・血栓の生成を防ぐ薬ワルファリンに対しては効果を弱める可能性があるので注意しましょう。

カフェインやキチン・キトサンなどの成分は、コエンザイムQ10の効果を弱める可能性があります。

コエンザイムQ10がダイエットをサポートする

コエンザイムQ10の、ダイエットへの効果や摂り方について説明してきました。最後にこの記事でご紹介したポイントをまとめておきます。

  • コエンザイムQ10には脂肪を燃焼しやすく、血流を促進する働きがあり、適切な運動や食事に加えることでダイエットをサポートする。
  • 運動、食事をきちんとしたうえで、高品質な還元型コエンザイムQ10サプリ「ステラの贅沢CoQ10」を飲むのが特におすすめ。
  • 運動の前に普段より少し多めに飲むと、脂肪燃焼を促してダイエット効果をサポートする。
  • 副作用はあまり心配ないが、薬との飲み合わせには注意が必要。

以上のポイントを踏まえて、コエンザイムQ10をダイエットサポートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

TOP