健CoQ(ケンコク)

コエンザイムQ10の薬や他サプリメントとの飲み合わせを徹底解説

若々しくて健康な体を保つために役立つ効果をもたらしてくれる、コエンザイムQ10。しかし体内に入れるものですから、実際に摂取するときには、薬や他のサプリメントとの相性が気になる方が多いのではないでしょうか?

ここではコエンザイムQ10との飲み合わせに注目して相性の悪い薬や成分、相性のよいサプリメントなどについて紹介していきます。

コエンザイムQ10と飲み合わせの悪い薬

体にさまざまな良い効果をもたらしてくれるコエンザイムQ10ですが、病気で薬を服用している場合には、摂取に注意が必要です。場合によっては薬の効果を弱めたり、逆に効果を増強させてしまうことが考えられるからです。

ここではコエンザイムQ10との相互作用の可能性が指摘されている薬について紹介していきます。紹介した薬以外にも影響を与える場合もあるため、薬を服用している方はコエンザイムQ10を摂取する前に、医師と相談することが大切です。

抗高血圧薬(降圧剤)

コエンザイムQ10には血圧を下げる作用があります。そのため、降圧剤(こうあつざい)とコエンザイムQ10を併用することで、血圧に影響を与えると考えられています。

降圧剤は高血圧患者に対し、高くなっている血圧を下げるために処方される薬です。併用することで薬の作用を増強し、さらに低血圧になる可能性があります。

血糖降下薬

II型糖尿病患者の方がコエンザイムQ10を多量に摂取した場合、ヘモグロビンA1cが低下し、血糖降下作用があることが報告されています。

糖尿病の治療薬である血糖降下薬を併用した場合には、薬の効果を増強してしまう可能性があるため注意が必要です。

ワルファリン

ワルファリンは血液凝固を防ぐ薬で、脳血栓や心筋梗塞などに用いられる薬です。

コエンザイムQ10には血液凝固作用があるとされているため、ワルファリンとコエンザイムQ10を併用した場合、ワルファリンの効果が減弱すると考えられています。

出典:コエンザイムQ10 | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省

コエンザイムQ10と飲み合わせの悪い成分

コエンザイムQ10と相性が悪い成分にはどのようなものがあるのでしょうか。ここではコエンザイムQ10と飲み合わせが悪い成分について紹介していきます。

カフェイン

カフェインには成分を阻害する作用があります。コエンザイムQ10に限らず、サプリメントを摂取する場合には、カフェインを多く含むコーヒーや紅茶といった飲み物の飲用は避けておくとよいでしょう。

ビタミンK

ビタミンKには血液を凝固する作用があります。同じような作用がコエンザイムQ10にもあることから、相乗効果で血が固まりやすくなると考えられています。

一方、ビタミンKの働きを抑えて血栓ができるのを防ぐ薬剤ワルファリンを服用している場合には、コエンザイムQ10がその効果を弱めてしまう可能性があるので特に注意が必要です。

キチンキトサン

ダイエットサプリメントなどによく用いられているキチンキトサンには、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

コエンザイムQ10は脂に溶けやすい性質があるため、キチンキトサンを併用することで、コエンザイムQ10の吸収が悪くなる可能性があります。

他のサプリメントとの飲み合わせ

コエンザイムQ10の他にも、健康に配慮してさまざまなサプリメントの摂取を考える場合、飲み合わせは配慮しておきたいポイントです。ここでは他のサプリメントとの飲み合わせについて紹介していきます。

他のサプリメントとの飲み合わせにおける安全性

サプリメントは医薬品のように治験に基づいて効果を実証されたものとは異なり、広い意味で健康食品の一つとして分類されています。あくまでも栄養を補助するものとして、飲み合わせに配慮したほうがよいでしょう。

たとえば、ビタミン剤の一つ「ビタミンK」とコエンザイムQ10は、血液を凝固するという同じような作用があるため、併用することで血液が固まりやすくなる可能性が考えられます。

サプリメントを含む健康食品を利用する際には、日常のバランスのとれた食生活や運動が重重要であることをまず認識し、必要な場合は最小限の利用にとどめること、有効性の情報がよくわからない商品は利用しないことが大切です。

コエンザイムQ10と飲み合わせのよいサプリメント

コエンザイムQ10の働きに、エネルギーの生成と抗酸化作用があります。人間が生きるために必要なエネルギーを糖質や脂質、アミノ酸といった成分から変換するために欠かせない物質が、コエンザイムQ10です。

このエネルギーの生成を効果的に高めてくれるのがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーは女王蜂の生命力の源として豊富な栄養素が詰まっていることで知られていますが、コエンザイムQ10と一緒に摂取することで、この栄養素がエネルギー生成の効果を高めてくれます。

また、ゴマに含まれるセサミンも、コエンザイムQ10と一緒に摂取するとよいサプリメントの一つです。抗酸化作用や生活習慣病の予防などが期待できるセサミンは、摂取することで体の調子を整える効果があります。

栄養豊富なセサミンとコエンザイムQ10は、相乗効果でより高い効果が期待できるとされています。

コエンザイムQ10は医薬品との飲み合わせに注意

コエンザイムQ10はエネルギー生成の促進や抗酸化作用など、元気で若々しい体を保つために役立つ成分。体内でも生成されますが、年齢とともに少なくなるため、サプリメントとして摂取されることも多いものです。

副作用を起こす心配が少ない成分ではありますが、医薬品と併用する場合には飲み合わせに注意しましょう。

  • 抗高血圧薬(降圧剤)
  • 血糖降下薬
  • ワルファリン

といった薬を服用している場合には、相互作用を起こす可能性が考えられます。コエンザイムQ10を並行して摂取したい場合には、医師に相談することが大切です。

一方、ローヤルゼリーやセサミンなど、コエンザイムQ10と一緒に摂取することで相乗効果が期待できる成分もあります。複数のサプリメントを併用する場合には飲み合わせに配慮して摂取するようにしましょう。

TOP