健CoQ(ケンコク)

厚生労働省のデータに基づくコエンザイムQ10の一日の必要摂取量

私たちの体内にあるコエンザイムQ10は、エネルギー産生作用と抗酸化作用の2つの働きを持っています。

疲労回復や体力増進、内臓疾患の予防などの健康効果から、代謝アップによる女性特有の疾患改善や肌やダイエットに嬉しい効果を得るサポートとなるコエンザイムQ10の、一日の必要摂取量はどのくらいなのでしょうか。

ここでは、厚生労働省のデータに基づくコエンザイムQ10の適切な必要摂取量と、合わせて知りたい効率的な摂取方法を解説しています。

コエンザイムQ10の適切な必要摂取量

コエンザイムQ10の適切な摂取量について、厚生労働省のデータを元に紹介します。

医薬品としては30mg

コエンザイムQ10は「基礎治療施行中の軽度及び中等度のうっ血性心不全症状」の効能・効果のある医薬品「ユビデカレノン」として承認を受けています。医薬品としてのコエンザイムQ10の一日の適切な必要摂取量は30mgです。

健康食品としては上限300mgまで

医薬品としては30mgですが、健康食品であるサプリメントとしてのコエンザイムQ10は、300mgが一日の適切な摂取量の上限とされています。

コエンザイムQ10のサプリメントは、日本では含有量が60mg~のものが多く流通していて、アメリカでは一日の推奨摂取量が100mgの製品も多く流通しています。

これを受けて厚生労働省では、(財)日本健康・栄養食品協会においてデータを収集、一日の摂取目安量として300mgまでは安全である結果が出たため、一日の摂取上限を300mgと定めました。

一日の必要摂取量は50mg~上限300mgまで

コエンザイムQ10はもともと人の体内で生成されるため、安全性は非常に高いです。厚生労働省の安全基準である一日の摂取上限300mgを踏まえて、「日本コエンザイムQ協会」では、一日の必要摂取量を50mg~300mgとコメントしています。

人によって必要なコエンザイムQ10の量は異なるため、効果が実感できる量を50mg~300mgの範囲内で調整して摂取するとよいでしょう。

出典:コエンザイムQ10を含む食品の取扱いについて/厚生労働省
出典:日本コエンザイムQ協会

コエンザイムQ10の効率的な摂取方法

コエンザイムQ10の一日の必要摂取量を満たすための方法を、さらに効果的に摂取できるポイントと合わせてご紹介します。

サプリメントで摂取する

コエンザイムQ10は食品にも含まれていますが、コエンザイムQ10を多く含んでいるいわしでも、100gあたりおよそ6.5mgの含有量です。

つまり、コエンザイムQ10の最低摂取量である50mgをクリアするだけでも、いわしを900gほど食べなければいけないため、食品のみからコエンザイムQ10を摂取するのは非常に困難です。

よって、コエンザイムQ10はサプリメントでの摂取が効率的。人によって異なる必要摂取量の調整も可能です。

脂質と一緒に摂取する

コエンザイムQ10は、油脂性の補酵素です。そのため、脂質と一緒に摂取すると吸収率が上がります。

ダイエット目的なら運動の2~3時間前

コエンザイムQ10のエネルギー産生作用によって、脂質はエネルギーに変換されます。よって、コエンザイムQ10をダイエット目的で摂り入れたい方は運動する2~3時間前に摂取すると、脂質のエネルギー変換がスムーズに。

ただし、空腹時にコエンザイムQ10を摂取すると、変換すべき栄養素が不足している状態のため、エネルギー産生がされません。空腹時の摂取は避けましょう。

コエンザイムQ10のサプリは還元型を選ぶべき理由

コエンザイムQ10のサプリメントは「還元型」を選ぶと効率よく摂取できます。ここでは、「還元型」コエンザイムQ10を選ぶべき理由を見てみましょう。

酸化型だと摂取量が変動するため

コエンザイムQ10を効率よく摂取できるように、健康食品として開発されたのがサプリメントです。

かつてサプリメントに使われていたコエンザイムQ10は「酸化型」と呼ばれていて、体内で消化の過程で体の中にあるコエンザイムQ10と同じ「還元型」に変換しないと体内で活用できません。

変換の際にエネルギーを消費するため、サプリメントの含有量よりさらに少ない量のコエンザイムQ10しか摂取できません。

また、還元型へ返還できる量も加齢やストレスなどの要因で変動するため、常に安定した量を摂取できないというデメリットもあります。

還元型なら変換の必要なくそのまま摂取可能

「還元型」コエンザイムQ10は、体内のコエンザイムQ10と同じものですので、摂取した時に変換する必要がありません。サプリメントの含有量そのままを摂取・活用できるほか、いつでも安定した量のコエンザイムQ10を摂取できます。

以上のことから、サプリメントは「還元型」コエンザイムQ10サプリを選びましょう。

おすすめの還元型コエンザイムQ10サプリ

還元型コエンザイムQ10を使用したおすすめサプリ、ステラ漢方の「ステラの贅沢CoQ10」をご紹介します。

還元型コエンザイムQ10を100%使用

「ステラの贅沢CoQ10」は還元型コエンザイムQ10を100%使用し、2粒で100mgのコエンザイムQ10を含有しています。年齢やストレスの状態に関わらず、いつでも安定した量のコエンザイムQ10を摂取できます。

クリルオイルとローヤルゼリーも配合

コエンザイムQ10の品質を落とさずに体内に届ける「クリルオイル」と、アミノ酸やビタミンなどの40種類以上の栄養素を含んだローヤルゼリーも配合されていますので、健康や美容に嬉しい相乗効果も期待できます。

国内のGMP工場で生産

「ステラの贅沢CoQ10」は、厚生労働省が医薬品などの安全基準として設けている「GMP」を取得した国内工場で生産されています。徹底した生産管理体制の下で生産されている安心・安全な還元型コエンザイムQ10サプリメントです。

必要摂取量と上限を知ってコエンザイムQ10を摂取しよう

コエンザイムQ10の必要摂取量と効率の良い摂取方法についてご紹介しました。以下にポイントをまとめます。

  • 厚生労働省の定めたコエンザイムQ10の一日摂取上限は、医薬品なら30mg、健康食品であるサプリメントなら300mgまで。
  • 厚生労働省の摂取上限を踏まえた一日のコエンザイムQ10の必要摂取量は50mg~300mg。得たい効果や個人によって摂取量は異なるので、この範囲で量を調整する。
  • コエンザイムQ10は食品から摂取するのは困難なため、体内でそのまま活用できる還元型サプリメントを利用すると効率的。必要量も自分で調整しやすい。

コエンザイムQ10の一日の摂取上限と必要量を把握し、効率的にコエンザイムQ10を摂取しましょう。

TOP