健CoQ(ケンコク)

  • ストレスが原因となって起こるさまざまな体調不良と対策方法

ストレスが原因となって起こるさまざまな体調不良と対策方法

体調不良が続くけれど何が原因かわからない人は、ストレスが溜まっているのかもしれません。ストレスが原因だとわかっていても、発散方法がわからない人も多いでしょう。

近年の日本では、ストレス社会といわれているほど日々の生活が忙しく、また人づき合いの複雑化からストレスを感じる人が多く、ストレスによって体調不良になっている人も少なくありません。

この記事では、ストレスを溜めるとどのような不調が出てくるのかをご紹介し、ストレスを溜めないようにする考え方や生活習慣を解説します。

ストレスによる体調不良の具体的な「症状」

ここでは、ストレスが原因で引き起こされる体調不良の具体的な症状を身体と心の2つの面から解説します。

身体的な症状

  • 頭痛、腹痛、胃痛、胸痛
  • 便秘、下痢
  • 肩こり、腰痛
  • 動悸、めまい
  • 皮膚のかゆみ
  • 手や足のふるえ
  • 胃もたれ、食欲不振
  • 生理不順
  • 倦怠感、慢性的な疲れ
  • 寝つきが悪い、途中で目が覚めて熟睡できない、朝起きられない
  • 異常発汗
  • 微熱
  • 目の痛み、目がまぶしい
  • 耳鳴り、耳閉感
  • 口の渇き、味覚異常
  • 息苦しい、呼吸が浅くなる
  • 喉のつまり、吐き気、膨満感
  • 手足の脱力感、冷え
  • 頻尿、残尿感、血尿

このように、さまざまな身体的不調がストレスによって引き起こされます。特に胃腸はストレスに弱い臓器といわれています。少しのストレスでも敏感に反応してしまうので、注意が必要です。

精神的な症状

  • イライラする
  • 漠然とした不安感、気分が落ち込み憂鬱になる
  • 注意力、集中力の低下
  • 無気力
  • 新しいことに消極的
  • 絶望感がある
  • 死にたいと考える
  • 自分には価値がないと感じる

このように、ストレスは心にも不調をきたします。これはストレスによって大量のコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが生じ、脳を損傷させるためです。

ストレスが引き起こす主な疾患

ここでは、ストレスが原因となって引き起こす疾患について解説します。

自律神経失調症

自律神経失調症は、身体を活動させるための交感神経と身体を休ませるための副交感神経のバランスが乱れることによって引き起こされる疾患です。

健康な人の身体は、交感神経と副交感神経が必要に応じて自動的に切り替わるため、活動時間はしっかりと体や脳を働かせることができ、休息時には、身体を休ませることができます。それにより、疲れを感じにくくハツラツと生活することができます。

自律神経失調症になると、交感神経と副交感神経がうまく切り替わらないため、活動時間に体が動かず、また休息時に体がしっかりと休まらないため、慢性疲労をはじめとする体調不良があらわれます。

うつ病

うつ病はストレスなどが原因で、脳内で神経細胞同士が情報をやりとりするための物質「セロトニン」と「ノルアドレナリン」が減少し、情報伝達がうまく行われない病気です。

抑うつ気分をはじめ、意欲の低下、思考力の低下などの心の症状を中心に、食欲の低下や不眠、倦怠感など、身体の症状も出てきます。

うつ病を放置すると重症化し、治療の成果もなかなか上がらず、命に危険を及ぼすこともあるため、早めに治療を受けることが肝心です。

神経性胃炎

神経性胃炎は、ストレスや疲労が原因となって引き起こされ、胃の粘膜に炎症や潰瘍が起きた状態を指します。胸焼けや胃の不快感、嘔吐などが症状として挙げられますが、重症化すると吐血する場合もあります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腹痛や下痢、お腹の不快感、便秘などが伴う病気です。ストレスによって、脳下垂体からストレスホルモンが分泌され、それが腸を刺激することによって発症すると考えられています。

不眠症

不眠症は、寝付きが悪い入眠障害、夜中に何度も目が覚める睡眠維持障害、早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒、寝た気がしない熟眠障害の4つに分類することができます。

1つの症状だけでなく、複数の症状を訴える人も少なくありません。不眠対策に一時的に睡眠薬を処方してもらう方法もありますが、根本的にストレスを発散することが一番の治療となります。

ストレスを誘発する要因を知る

ストレスを誘発するのは仕事や人間関係だけでなく、生きていくうえで避けては通れないようなさまざまな要因があります。

物理的要因

  • 天候や気温、湿度などの気候条件の変化
  • 騒音や異臭、大気汚染などの環境に関すること

化学的要因

  • 洗剤や直接飲む薬品による影響
  • 食品などに含まれる添加物などの摂取

生物的要因

  • 仕事や活動による過労
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 病原菌に対する身体の防御反応

精神的要因

  • 人間関係の複雑化
  • 自身の性格
  • 社会的な環境の変化

このように、熱い、寒い、臭い、うるさいなどのほか、日頃何気なく口に入れている添加物などでも私たちの身体はストレスを受けています。ストレスを受けないことは不可能なので、ストレスをいかに解消するかが重要です。

ストレスを溜めやすい人の特徴

ストレスを溜めやすい人の特徴をまとめました。

  • 真面目で責任感が強く、一人でなんでもやろうとする人
  • 頑張りすぎてしまう人
  • 小さなミスでも気になる完璧主義な人
  • 競争心が強く、負けず嫌いな人
  • 我慢強い人
  • 気を遣いすぎて自己主張できない人
  • 他人に過度に期待する人
  • こだわりが強い人
  • 短気な人
  • 自信がない人

このように、他人を気にして自分のペースを保てない人がストレスを溜めやすいといえます。

ストレスによる体調不良の対策法

ここでは、ストレスによる体調不良を防ぐための対策法をご紹介します。

湯船につかる

忙しいとシャワーで済ませてしまいがちですが、湯船につかることが大切です。約38〜40℃のぬるめのお湯に20分間入ると、副交感神経が優位になり、深いリラックス効果が生まれストレスを受けた身体と心を癒やします。

また、入眠しやすい状態になり、良質な睡眠をもたらします。

睡眠時間を確保する

睡眠は、身体の疲れや脳の疲れ、心を休ませ感情を処理する大切な役割を持っています。良質な睡眠をとることは、何よりも効果的なストレス解消法だといえます。ストレスを感じたら、いつもより早い時間に寝室へ移動するように心がけてください。

ストレスを解消する行動をみつける

一時的にストレスを受けても、すぐ発散できる行動を知っておけばストレスが溜まることはありません。

  • モヤモヤしたりイライラしたり心に違和感を覚えたら、人に話すか紙に書き出す
  • 楽しくなくても笑顔をつくる
  • 好きな音楽や自分の気持ちに合った音楽を聞く
  • 好きなものを食べる
  • 大声を出す、歌う
  • 深呼吸する
  • 散歩など適度に体を動かすことを意識する
  • 自然の多い場所に行く

これらは一般的にストレス解消に良いとされている行動ですが、自分に合った行動を探してみましょう。

考え方を変える

自分の考え方や受け取り方、発想を変えることでストレスを減らすことができます。

  • 自分にとって何がストレスなのか原因を知る
  • 苦手な人とは距離を置く
  • 自分ができないことや、しんどいことは断る勇気を持つ
  • 適当を覚える
  • 感情を抑えすぎず適度に出す

このように、自分の気持ちや考え方次第で自分の負担を減らすことができます。

体調不良を改善するサプリメント

体調不良を起こしている要因として、コエンザイムQ10の減少が考えられます。

コエンザイムQ10とは

人間の体をつくっている細胞のほとんどに、コエンザイムQ10が存在しています。コエンザイムQ10は、血管や細胞をサビさせる活性酸素を抑える働きの抗酸化作用や、糖や脂質を利用してエネルギーに変える働きを持っています。

コエンザイムQ10は体内合成できる物質ですが、加齢やストレスによってどんどん減少していきます。

コエンザイムQ10が減少すると、エネルギーが生成されにくくなるため疲れやすく、疲れがとれない体になったり、臓器が充分に機能できなくなり、免疫力が低下し病気になりやすい体になったりします。

サプリメントで摂取する理由

コエンザイムQ10は食品で摂りにくい成分で、1日に理想とされている100mgを摂るには、牛肉なら約3kg、ブロッコリーなら約12kg食べないといけません。現実的には毎日食事から摂るのが困難なので、サプリメントで補う必要があるのです。

おすすめのサプリメント

コエンザイムQ10のサプリメントは数多く販売されていますが、ステラ漢方の「ステラの贅沢CoQ10」がおすすめです。

コエンザイムQ10のサプリメントの多くが酸化型コエンザイムQ10と呼ばれるもので、体内で一旦還元型コエンザイムQ10に変換する必要があるため、実際に体内で利用できるコエンザイムQ10が少なくなってしまいます。

ステラ漢方の「ステラの贅沢CoQ10」は、はじめから還元型コエンザイムQ10を採用しているため、体内で変換する必要がなく効率的に利用することができ、効果が高いです。

医療機関を受診する

この記事で紹介した、ストレスによる体調不良の対策法を試しても不調が続く場合は、まず内科へ行き、大きな病気が隠れていないかを診察してもらい、異常がなかった場合は、精神科を受診するようにしてください。

ストレスとうまく付き合って健康を守る

「ストレスは万病のもと」と呼ばれることもありますが、ストレスが原因となる病気はたくさんあります。この記事でのポイントは、

  • ストレスが原因の体調不良は、身体的な症状と精神的な症状がある。
  • ストレスが引き起こす病気はたくさんある。
  • ストレスを誘発する要因はさまざまで、ストレスを受けずに生活することは不可能。
  • マイペースでない人がストレスを受けやすい。
  • ストレスからくる体調不良を改善する方法はあるが、改善しない場合は医療機関を受診する。

です。ストレスを受けずに生きていくことはできないので、いかにストレスを解消しながら生活していくか、ストレスでダメージを受けた部分を修復するかが重要となってきます。

日々の生活習慣を見直しつつ、考え方をいま一度改め、身体を内側からケアしてくれるサプリメントなどを併用しながら、上手にストレスと付き合ってください。

TOP