健CoQ(ケンコク)

還元型コエンザイムQ10の2つの働きと摂取方法

近年では健康だけでなく美容面への効果も注目され、サプリメントでも摂取できるようになったコエンザイムQ10。

ところが、コエンザイムQ10サプリメントに表記されている「還元型」の文字は、一体何を意味するのか気になる方も多いのではないでしょうか。

実は「還元型」とは従来の「酸化型」コエンザイムQ10に比べて更に効率よく摂取できるように開発された、体の中にあるものと同じコエンザイムQ10なのです。

ここでは、還元型コエンザイムQ10の働きや減少する原因、還元型と酸化型の違いについて解説しています。

還元型コエンザイムQ10の2つの働き

還元型コエンザイムQ10が、体の中で担う2つの働きについて解説します。

生命維持と活動に必要なエネルギー産生

人間が生きていくうえで必要なエネルギーは食物から摂取します。食物から摂取した栄養素をエネルギーに変換するのが細胞のミトコンドリアですが、このエネルギー産生に必要不可欠な補酵素がコエンザイムQ10です。

高い抗酸化作用による体のさび付き防止

様々な要因で発生する活性酸素は、体をさび付かせ、体機能低下や老化を進めてしまいます。コエンザイムQ10は活性酸素の除去と分解を行う高い抗酸化作用を持ち、体のさび付きを防止しています。

体内のコエンザイムQ10は「加齢、ストレス、病気」で減少する

体内で重要な働きを担うコエンザイムQ10が減少してしまう3つの原因「加齢・ストレス・病気」について見てみましょう。

加齢による減少

人間の体機能が加齢に伴って低下するのに伴い、コエンザイムQ10の生成量も減少していきます。体内でのコエンザイムQ10生成量は20代がピークでその後徐々に減少、40代を過ぎたころに激減します。

ストレスによる減少

ストレスは体に様々な悪影響を与えますが、コエンザイムQ10の減少もそのひとつです。

病気による減少

病気によって体の機能が低下すれば、コエンザイムQ10の生成量も減少します。ほかにも、喫煙や服薬などの外的要因でもコエンザイムQ10が減少することがわかっています。

コエンザイムQ10が不足することで起こる体の不調

コエンザイムQ10が不足すると起きる具体的な体の不調を紹介します。

疲労感や体力の低下

コエンザイムQ10が不足すると、エネルギー産生が行われなくなり活力が失われ、さらに抗酸化作用が落ちることで活性酸素が増加、体のさび付きも進みます。よって、疲れが抜けない、体機能の衰えから疲労感や体力の低下に繋がります。

代謝が落ちて太りやすい体や肌荒れの原因に

コエンザイムQ10が減少するとエネルギー産生による栄養素の消費が行われにくくなり、残った栄養素が脂質として溜まってしまい、太りやすい体に。

更に活性酸素が増加し血中の悪玉コレステロールが酸化して血管に付着していくと血流が阻害され、代謝の低下を招きます。代謝の低下は太りやすくなるだけでなく、新しい細胞生成も阻害されるため肌や髪にも悪影響が。

免疫力の低下

コエンザイムQ10は、体のバリアシステムである免疫細胞の活動にも深い関わりを持っています。コエンザイムQ10が不足すると、免疫細胞の機能低下から体にウィルスが侵入しやすくなり、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

「還元型」と「酸化型」の違いを比較

実はコエンザイムQ10には還元型と酸化型の2種類があります。両者の違いの比較と、安全性について解説します。

酸化型コエンザイムQ10とは

サプリメントなどに含まれているコエンザイムQ10は、以前はほとんどが酸化型コエンザイムQ10でした。酸化型コエンザイムQ10は、体内で活用させるためには消化の過程で「還元型」に変換が必要なコエンザイムQ10です。

さらに、還元型に変換するエネルギーは、加齢やストレスによっても減少するので、摂取した分を効率よく活用できないデメリットがあります。

還元型コエンザイムQ10とは

人間の体の中で作られるコエンザイムQ10と同じものとして開発されたのが、還元型コエンザイムQ10です。

変換する必要がなくそのまま活用できるので、加齢やストレスなどによる摂取量の影響も受けず、いつでも安定してコエンザイムQ10を効果的に摂取できます。

還元型コエンザイムQ10の安全性について

コエンザイムQ10は酸化型・還元型ともに食物にも含まれています。そして、日本人は還元型のコエンザイムQ10を1日当たり食事から約2mg摂取しているので、日常的に取り入れている成分とわかります。

さらに、健常な日本人が4週間還元型コエンザイムQ10を摂取し続けた検査でも、最大摂取量300mgまで重篤な副作用は確認されていません。副作用もなく、安全性の高さが証明されています。

還元型コエンザイムQ10を効率的に摂取する方法

還元型コエンザイムQ10を効率よく摂取する方法を見てみましょう。

食材からの摂取は困難

還元型コエンザイムQ10は食材にも含まれていて、日常的にも摂取していることがわかりました。特に多くコエンザイムQ10を含んでいるのが、イワシなどの青魚や肉類、ブロッコリーやほうれん草、バターやオリーブオイルなどの油脂です。

しかしながら、食材からコエンザイムQ10を必要量摂取するのは分量的に非常に困難なため、一般的な方法ではありません。

「還元型」のサプリメントを使用する

コエンザイムQ10を摂取するのに最も効率の良い方法がサプリメントの利用ですが、重要なのが、「還元型」のコエンザイムQ10のサプリメントを選ぶことです。

ステラ漢方の「贅沢CoQ10」は、還元型コエンザイムQ10を100%使用したサプリメント。さらに、コエンザイムQ10の品質を落とさずに体内で活用するサポートを行う天然のクリルオイルと、40種類以上の栄養素を持つローヤルゼリーなども配合されています。

サプリメントなら、時と場所を選ばずコエンザイムQ10を摂取できますし、毎日の習慣としても取り入れやすいですね。

高い安全性で適量が摂取できる還元型コエンザイムQ10サプリメント

従来のコエンザイムQ10サプリメントに使用されていた酸化型よりも、さらに効率よく活用できるように開発された、還元型コエンザイムQ10について解説しました。ここで、ポイントをまとめておきます。

  • 体の中にあるコエンザイムQ10は、エネルギー産生と抗酸化作用の2つの働きを持つ。
  • コエンザイムQ10が不足すると、疲労や体力、代謝の低下や病気になりやすいなどの悪影響が出る。
  • コエンザイムQ10は加齢、ストレス、病気などで減少していく。
  • 酸化型コエンザイムQ10は還元型へ変換しないと活用ができない。一方で還元型コエンザイムQ10は体の中にあるコエンザイムQ10と同じため、返還の必要なく安定的に効率よくコエンザイムQ10を取り入れられる。
  • 還元型コエンザイムQ10は食材にも含まれているが、サプリメントからの摂取が効果的。安全性の高い、還元型コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶのが重要。

体の衰えや不具合を感じたら、コエンザイムQ10不足かもしれません。これらのポイントを押さえて還元型コエンザイムQ10を上手に摂取しましょう。

TOP