健CoQ(ケンコク)

  • 体調不良を改善するための食事の摂り方とサプリメント

体調不良を改善するための食事の摂り方とサプリメント

なんだか体調がすぐれない、体がだるいなどの体調不良を訴える方の多くが、食事の栄養バランスが崩れています。忙しい毎日の中で、コンビニ弁当で済ませたり、外食ばかりしていたりと心当たりがある人は少なくないでしょう。

この記事では、体調不良のときに食べると良い食事メニューを紹介するとともに、体調不良時に摂るべき栄養素を解説していきます。また、体調不良に効果のあるサプリメントをご紹介します。

体調不良のときの食事のおすすめレシピ

ここでは、体調不良を感じたときに食べると良い、簡単に作れるレシピをご紹介します。

中華雑炊

<材料(3人分)>

  • 生姜チューブ(お好みで適量)
  • ごま油(大さじ1)
  • 水(500cc)
  • 顆粒鶏がらスープの素(大さじ2)
  • 薄口醤油(大さじ3)
  • 酒(大さじ1)
  • 塩コショウ(お好みで少々)
  • 溶き卵(1個)
  • 片栗粉(適量)
  • 温かいご飯(丼2杯)
  • カットネギ(お好みで)

<作り方>

  1. 生姜を鍋にお好みで入れ、ごま油で炒める。炒め終わったら水を入れ沸騰させる。
  2. 鶏がらスープの素、薄口醤油、酒、塩コショウを加え再び沸騰させる。
  3. 溶き卵を加えかき混ぜた後、片栗粉でとろみをつける。
  4. ご飯を加え混ぜて、器に移してカットネギをふりかけて完成。

このメニューは、包丁を使わず簡単に作れます。

ニンジンとレーズンの酢の物

<材料(2人分)>

  • ニンジン(1/2本)
  • レーズン(15g)
  • たまねぎ(1/8個)
  • にんにく(1/2欠け)
  • サラダ油(小さじ1)
  • 酢(大さじ1)
  • はちみつ(小さじ1)
  • 塩(小さじ1/6)

<作り方>

  1. ニンジンは5cmの長さに細切りにして、たまねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. ボウルなどの器で酢、はちみつ、塩を混ぜておく。
  3. フライパンにサラダ油を入れにんにくを弱火で炒める。
  4. 香りが立ったら、ニンジン、たまねぎの順に入れて炒める。
  5. 火が通ったら、酢、はちみつ、塩を混ぜた器に移してレーズンを加え、30分ほどおいて味をなじませたら完成。

すっぱい酢と甘いレーズンがマッチして美味しいです。

黒ゴマきなこバナナスムージー

<材料(2〜3人)>

  • バナナ(1本)
  • 牛乳(200cc)
  • きなこ(大さじ1〜2をお好みで)
  • すり黒ゴマ(大さじ4)
  • はちみつ(適量お好みで)

<作り方>
全ての材料をミキサーにかけるだけで完成です。

ミキサーやフードプロセッサーがある人なら、材料を揃えるだけで簡単に作ることができるので、忙しい朝にも最適です。

体調不良のときに摂取するべき栄養素とは?

ここでは、体調不良を感じたときに摂るべき栄養素の解説と、体調不良をサポートするサプリメントをご紹介します。

ビタミンやミネラルなどの栄養素

体調不良時に必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、タンパク質です。

ビタミンは、コラーゲンとタンパク質を生成し細胞を強くしてくれる働きがあります。風邪などの体調不良時は、体内のビタミンC濃度が低くなるので積極的に摂取してください。

ミネラルは、神経のバランスを整える役割を持つ栄養素です。ミネラルが不足すると気分の落ち込みや、体のだるさ、食欲不振などの症状があらわれます。ミネラルは、体内で作ることができない栄養素なので、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

タンパク質は、人間の体の基本となる栄養素です。タンパク質が不足すると体がだるいと感じたり、疲れが取れなかったりします。

また、タンパク質不足はセロトニンも不足してしまうので、肉体的な疲労だけでなく精神的な疲労にもつながります。体調不良時には、チーズや肉類、卵などを食べてタンパク質を補給してください。

これらの栄養素を摂っても、慢性的に体調不良の場合はコエンザイムQ10が不足している可能性があります。コエンザイムQ10は、生きていくうえで必要なエネルギーを生成したり、体をサビつかせる原因の活性酸素の増加を抑制したりしてくれます。

コエンザイムQ10は体内で作られる物質ですが、加齢やストレスによって減少してしまいます。そのため、食べ物やサプリメントで補う必要があります。

慢性的な体調不良にはコエンザイムQ10がオススメ

ずっと体の不調が続いている、食欲がわかない、毎日体が怠いなどの慢性的な体調不良には、コエンザイムQ10の摂取がおすすめです。

コエンザイムQ10とは、エネルギーをつくるのに必要な成分で、体の中の細胞のほとんどにコエンザイムQ10は存在しています。

コエンザイムQ10は主に肝臓で体内合成されますが、年齢とともに生産能力が低下していきます。そのため、外からコエンザイムQ10を摂取する必要が出てきます。

食材からコエンザイムQ10を必要分摂取するのは簡単なことではありませんが、牛肉、ピーナッツ、ブロッコリー、ほうれん草、イワシ、大豆などがコエンザイムQ10を含む食材としてあげられます。

慢性的な体調不良には食事よりも、サプリで栄養補給するのが最適

体調不良のときに摂取するべき栄養素をご紹介しましたが、食事だけではなく、サプリメントで効率的に摂取するのが最適です。

もちろん、普段の食生活の見直しも大切ではありますが、毎日の食事だけでは補いきれない栄養素もたくさんあります。

例えば、ビタミンは13種類ありますが、1日の食事で13種類のビタミンを摂取するのは難しいですし、ビタミンCを例にあげると、1日の成人した男女の理想摂取量は100mgですが、ミニトマトだと20個、シソの葉だと330枚も食べなければなりません。

また、上記でご紹介したコエンザイムQ10を100mg摂ろうとすると、牛肉だと3kg、ブロッコリーだと15kgも食べなければなりません。

このように、食事のみで栄養をバランス良く摂ることは難しく、食材を調理するのにも時間がかかり、継続して食べ続けることも困難なので現実的ではありません。

サプリメントなら毎日数粒飲むだけで、必要な栄養素を摂ることができ、食材を買うより安価なので継続して健康を維持することが可能です。

体調不良を改善し、健康な生活を営むには毎日の食事にプラスしてサプリメントを摂取するようにしましょう。

体調不良のときのおすすめサプリ

体調不良時には、ステラ漢方の「ステラの贅沢CoQ10」をおすすめします。

コエンザイムQ10のサプリメントの多くは酸化型コエンザイムQ10で、細胞内で還元型コエンザイムQ10に変換されて活用されますが、加齢やストレスで変換力が低下していきます。

ステラの贅沢CoQ10は、はじめから還元型コエンザイムQ10なので、体内で変換する必要がなく効率よく活用できます。1日2粒飲むだけで、1日に摂取したい100mgが摂れるようになっています。

いつでも気軽に飲めるので続けやすく、国内工場で品質管理を徹底して製造されているので、安心して飲むことができます。

普段の食事にサプリメントをプラスして健やかな毎日を

体調不良には、バランス良く栄養を摂ることが必要です。この記事のポイントは、

  • 体調不良は栄養バランスの乱れからくる。
  • 慢性的な体調不良は、エネルギーの生産を助けるコエンザイムQ10が不足している。
  • 体調不良を食事だけで改善するのは難しいため、サプリメントで補うこと。
  • 体調不良におすすめのサプリメントは、還元型コエンザイムQ10の「ステラの贅沢CoQ10」。

です。毎日の食生活を見直すだけでなく、サプリメントで補うことを視野に入れて、健康で生き生きとした生活を目指してください。

TOP