健CoQ(ケンコク)

還元型コエンザイムQ10の歯周病予防・対策への効果

「歯周病」に長年悩まされている人は少なくありません。また、改善できる方法はないかと探している人も多いでしょう。

この記事では、歯周病の原因や症状など予防に必要な知識、そして改善に効果があるといわれるコエンザイムQ10の効果について解説していきます。

歯周病とは?主な症状

年を重ねた人や高齢者だけでなく、若い人にもかかりやすい口の病気の中に、歯周病があります。日本人の70~80%が口腔内の病気にかかるともいわれますが、全身に影響を与える可能性の高い歯周病は、早めの対策が必要です。

そこで、歯周病の原因や症状を知って歯周病対策の準備をはじめましょう。

歯周病とは?

歯槽膿漏とも呼ばれることもある歯周病は、口腔内に発生する病気で、細菌の感染がきっかけとなる炎症性疾患のことです。

歯周病にかかると、歯と歯肉の境目である歯肉溝にポケットのような隙間ができ、歯がぐらついたり、歯を支える骨も影響を受けたりします。

歯周病は、毎日の歯磨きなどの清掃がしっかりとできていないときに、歯垢が蓄積し、細菌が溜まることがきっかけとなり発症するといわれています。

歯周病の主な症状

赤く腫れる

歯周病になると、歯肉の歯との境目が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりするのが一般的な症状です。痛みが発生することは少ないといわれています。

起床時に口の中に違和感を感じる

とくに朝起きたとき、口の中がねばねばした状態になっているときや、口の中の臭いが気になるときなど、口の中で違和感を感じることもあります。

歯肉の痛みやかゆみ、出血などの状態

歯肉が痒い、痛い、歯磨きのときに歯肉から出血する、なども歯周病の症状であることが考えられます。

こうした症状が続いているときには歯周病が始まっている、もしくは進行していることが考えられます。また、歯肉の症状が進むと歯のぐらつきが始まり、抜歯をしなければならないほどにもなるので、注意しましょう。

歯周病を進行させる要因は

歯周病の症状を進行させる要因はさまざまです。

たとえば、歯を食いしばったり、歯ぎしりしたり、ぐっとかみしめたりする行動が、歯周病の症状を進ませてしまうことがあります。さらに、不規則な食生活、ストレス、喫煙、薬の長期服用なども、症状を進行させる可能性が高いといえます。

多くの場合は、歯肉に症状が現れますが、前歯がでっぱってきたり、歯と歯の間に隙間が目立つようになるといったことにも、歯周病が関係している場合があります。

また、歯肉が下がり、歯が長くなったように感じたり、食物が挟まったり、固い物がかみにくくなったりしたときも要注意です。

歯周病の原因

歯周病の直接的な原因は、歯や歯肉の周囲に付着した歯垢(プラーク)です。歯磨きなどで落とし切れない汚れ、つまり歯垢は、酸素の少ない場所に潜む特徴があるので、歯の内側に溜まるのです。

結果として、歯肉炎や歯周炎を含む歯周病になりやすい傾向があります。間接的な原因となる主なリスクファクター(危険因子)は、「口腔内の環境」や「生活習慣」です。

口腔内の悪環境

日ごろの歯磨きやブラッシングを含め、口の中のケアは重要です。ケアせずに放置しておくと、歯周病になりかねません。

口腔内の汚れや細菌を放置しておくと歯垢が作られ、磨き残した歯垢は数日で歯石となってしまいます。一度ついてしまった歯石は、歯磨きでは落とすことが難しく、歯肉炎などの原因となります。

また、歯並びが悪い部分やむし歯の治療などの被せものも、磨き残しなどが発生しやすく、歯垢が付きやすい傾向にあります。

さらに、口で呼吸する際に口の中が乾燥した状態になったり、歯ぎしりで歯ぐきに強い力がかかったりしたときも炎症が起こりやすい状況です。

生活習慣の乱れ

毎日の生活習慣のなかにも、歯周病の原因になるものがあります。

例えば喫煙は、血管を収縮させてしまうので、歯肉の血行に影響します。歯肉の血行が悪くなれば歯周病になるリスクが高くなります。

また、ストレスが溜まると、定期的な歯磨きの習慣のバランスを崩し、抵抗力が弱まってしまい、歯周病が発生したり悪化したりするでしょう。

さらに、食生活が乱れたり、栄養バランスが欠けた食事が続いたりすると、身体にも歯や歯ぐきにもマイナスです。そこで、食事だけでは補い切れない栄養を摂るために、サプリメントなどを使うことも効果的です。

コエンザイムQ10などの成分を摂り入れることで、歯周病菌を増やさないための対策も行えるでしょう。

歯周病にはコエンザイムQ10が効果的

コエンザイムQ10は、「ユビキノン」とも呼ばれ、体内ではすべての細胞に含まれている成分です。とくに心臓や肝臓だけでなく、卵巣や精巣にもたくさん含まれています。このコエンザイムQ10が、どのように歯周病に働きかけるのかを解説していきます。

コエンザイムQ10が必要になる理由

コエンザイムQ10は、常に動いている心臓や肝臓の働きを助ける、身体に必要なエネルギーを作るのに不可欠な成分です。そのため、身体はコエンザイムQ10を必要としています。

しかし、体内のコエンザイムQ10の量には限度があります。また、成人した20歳ころからは少しずつ減ってしまうため、エネルギーの生産量が少なくなってしまいます。

つまり、コエンザイムQ10が減少すると、健康を支える成分や力が弱まっていくことになります。

さらに、加齢とともに減少するコエンザイムQ10は、病気やストレスでも減少するとされています。加齢とともに体内では合成されなくなっていくこの成分は、足りなくなるだけで身体の細胞が必要な働きさえもできなくなってしまいます。

そのため、食物やサプリメントから摂り入れることが必要になるのです。

コエンザイムQ10が歯周病に効く

抗酸化作用のあるコエンザイムQ10には、活性酸素の増殖を抑える働きがあり、歯周病や歯肉炎の進行を抑えることができます。また、口腔内の唾液を増やし、むし歯予防、加齢やストレスが原因となるドライマウスの予防も可能です。

そこで、歯周病と診断された場合には、還元型コエンザイムQ10を投与して、細胞や組織を増やし、活性化することが進められています。抗酸化反応と酸化反応のバランスを取り戻せることで、体内の細胞の改善や炎症を抑える効果が期待されているからです。

歯周病に効果があるおすすめのサプリ

コエンザイムQ10を補うにはサプリがおすすめ

体内では生成されにくいコエンザイムQ10は、心臓や肝臓の働きをサポートしているので、常に必要とされる成分です。

毎日、身体に必要な抗酸化作用をパワーアップし、エネルギーを作り出していくためには、1日100mgの摂取が目安とされるコエンザイムQ10。

しかし、バランスの良い食習慣を持っていても、1日に5mgくらいのコエンザイムQ10しか摂取できていないともいわれています。そこで、1日100mgという目標に近づくためには、サプリメントを利用した補い方が効果的かもしれません。

「ステラの贅沢CoQ10」を活用した歯周病対策

「身体の隅々にまでしっかり届ける」という「ステラの贅沢CoQ10」は、歯周病や歯肉炎などの口腔内の病気から保護する唾液を増やす働きがあるコエンザイムQ10を多く含んでいます。

活性酸素が歯周病の原因ともなるので、活性酸素の増殖を抑えるコエンザイムQ10を多く含む「ステラの贅沢CoQ10」は効果が期待できるサプリメントだといえます。

歯周病対策になるコエンザイムQ10を摂り入れよう

体内での生成に限界のあるコエンザイムQ10は、人体に必要不可欠な成分のひとつです。食事からも摂取できますが、サプリで摂取すると簡単でお手軽といえますね。

  • 口腔内の唾液を増やしたり、口内環境を改善したりすることが歯周病予防に効果的。
  • コエンザイムQ10は、唾液を増やす役割もあるので、歯周病菌の対策に必要。
  • 1日100mgが目安となる摂取量を摂るには「ステラの贅沢CoQ10」などのサプリメントを利用するのが簡単。

TOP