健CoQ(ケンコク)

コエンザイムQ10の基本情報と疲労防止効果を徹底解説

しっかり休んでいるつもりでも、「すっきりとしない」「慢性的にだるい」と悩んでいる人も多いと思います。そんなときはコエンザイムQ10を摂取してみることをおすすめします。

コエンザイムQ10は、体の中でエネルギーを生み出すために大切な役割を担っていて、日常的に元気が出ないと感じている人にこそ摂取してほしい成分なのです。

ここでは、疲労防止に効果が期待されているコエンザイムQ10について基本情報や疲労に対する効果など詳しく説明していきます。

コエンザイムQ10の基本情報

コエンザイムQ10は若々しく健康的な体を保つために、大切な役割を担っている成分です。具体的にどのような成分なのか、コエンザイムQ10の基本情報を紹介していきます。

体内中のコエンザイムQ10は日々減少している

コエンザイムQ10とは、別名ユビキノンと呼ばれる、細胞のミトコンドリア内で働く補酵素です。体内でも生成されていますが、20代をピークに年齢を重ねるごとに体内での生成量は減少していきます。

老化現象や体力の衰えなどは、コエンザイムQ10の生成量が減少することが一因ともされています。

コエンザイムQ10の種類「還元型」と「酸化型」

市販されているコエンザイムQ10のサプリメントには「還元型」と「酸化型」の2種類があります。

もともと体内で生成されるコエンザイムQ10の多くは還元型です。そのため、還元型のサプリメントを摂取した場合、そのままの状態で成分を吸収させることができます。

一方、酸化型のサプリメントは、コエンザイムQ10が酸化した状態のものです。酸化型の場合、そのままでは人体で成分を吸収することができないため、一度還元して酸化型から還元型に変換する必要があります。

変換する際には全ての成分が還元されるわけではなく、還元できなかった成分は老廃物として体の外へ排出されてしまいます。つまり、酸化型よりも還元型のサプリメントのほうが効率的に成分を吸収できるということになります。

コエンザイムQ10の働き「エネルギー産生」と「抗酸化作用」

コエンザイムQ10の働きは「エネルギー産生」と「抗酸化」の大きく2つがあります。人間のエネルギーは体内に摂取した糖質や脂肪を変換することで生み出されますが、コエンザイムQ10はこのエネルギー産生に大切な役割を担っています。

また、年齢を重ねていくとしみやしわなど、見た目にも衰えがわかるようになりますが、これは体内の酸化が原因の一つと考えられています。

コエンザイムQ10には増えすぎた活性酸素を抑える抗酸化作用があるため、体を若々しく保つためにも大切な働きをするとされています。

コエンザイムQ10の不足による症状

コエンザイムQ10がもつエネルギー産生や抗酸化作用は、体を若々しく保つために大切な役割があります。コエンザイムQ10が不足した場合、体にあらわれる症状について紹介していきます。

疲労感や免疫力の低下

疲労回復には体内で生成されるエネルギーが必要です。コエンザイムQ10が不足するとエネルギー産生量が減少することから、疲れがなかなか抜けず倦怠感となって体がすっきりしない状態が続きます。

また、コエンザイムQ10の不足により、エネルギー産生量の減少だけでなく抗酸化作用も衰えます。

抗酸化作用が衰えて体内に活性酸素が増加すると、臓器を含む全身が酸化しやすくなり、老化が進んだり、生活習慣病を招いたりする原因にもなってしまいます。

改善されない不調は病気の可能性も

原因がわからない疲労感が長く続いたり、気力や体力が戻らなかったりする場合には、コエンザイムQ10の不足による症状だけでなく、病気が隠れている場合があります。症状が長引く場合には自己判断せずに医療機関を受診することが大切です。

慢性疲労症候群や副腎疲労

しつこい疲労感を伴う病気として「慢性疲労症候群」と「副腎疲労」があります。

慢性疲労症候群は、原因がわからない強い疲労感が長期間続く病気です。発症する原因は定かになっていませんが、可能性の一つとして免疫力の低下によって脳の働きが影響を受けることで、強い疲労感などの症状を引き起こすといわれています。

副腎疲労は、ストレスや生活習慣の乱れ、偏った食生活など、さまざまストレスが積み重なることが原因とされています。副腎は、ストレスに対処するホルモン「コルチゾール」など、体に重要な役割を果たすホルモンを分泌する器官です。

腎臓が疲れてこうしたホルモンがうまく分泌できなくなると、生活習慣病や花粉症などのアレルギー症状、橋本病やバセドウ病などの病気を発症することも考えられます。

還元型コエンザイムQ10が疲労防止に良い理由

還元型コエンザイムQ10は、疲労防止に効果的だといわれています。その理由はどのようなものなのでしょうか?ここでは、還元型コエンザイムQ10が疲労防止に良い理由について紹介していきます。

血流を促進しすみずみまで栄養素が行きわたる

コエンザイムQ10は血流を促進する作用があり、以前は「うっ血性心不全」という心臓病の治療薬としても利用されていたことがあるほどです。

コエンザイムQ10によって血流が促進されることにより、必要な栄養素や酵素が血流に乗って体内のすみずみまでいきわたることから、疲労感や倦怠感といった症状を改善する効果があるとされています。

エネルギー産生を促進し抗疲労作用を得られる

コエンザイムQ10を摂取することで、エネルギー産生が活発化し抗疲労作用が得られます。エネルギー産生が促進されることにより、疲労物質が溜まりにくくなるためです。

いびきを改善し安眠できる

コエンザイムQ10がもつ抗酸化作用には、喉の周りの筋肉を強化する働きがあります。

いびきは喉の周りの筋肉がゆるみ、空気の通り道が狭くなることが原因とされています。筋肉が強化されることでいびきが改善すれば、質の良い睡眠をとることができ、結果的に疲労防止に効果的と考えられています。

還元型コエンザイムQ10の摂取方法

疲労防止に効果的なコエンザイムQ10は、積極的に摂取しておきたい成分です。

ここでは効率よくコエンザイムQ10を吸収できるサプリメントとして、還元型コエンザイムQ10を100%配合したサプリメント「ステラの贅沢CoQ10」を紹介していきます。

還元型のコエンザイムQ10配合で効率的に吸収

ステラの贅沢CoQ10は還元型のコエンザイムQ10を100%使用したサプリメントです。一般的に販売されているサプリメントには還元型ではなく酸化型というものがあります。

酸化型の場合、吸収させるためには体内で還元型に変換させなければなりません。変換の過程には個人差があり、コエンザイムQ10の成分を十分に変換しきれない場合もあります。

一方、還元型のコエンザイムQ10は、もともと体内で生成されるコエンザイムQ10と同じ成分であるため、変換することなくそのまま体内に吸収させることができます。

つまり、ステラの贅沢CoQ10は、摂取した成分を効率よく体内で活用させることができるサプリメントなのです。

効率のよい吸収をサポートする素材をプラス

コエンザイムQ10は体内に吸収されにくい成分ですが、ステラの贅沢CoQ10にはコエンザイムQ10と相性がよいクリルオイルを配合。コエンザイムQ10が体内に吸収されるまで酸化を防ぎ、体内への吸収をサポートする効果があります。

健康的な体づくりのためにローヤルゼリー配合

ステラの贅沢CoQ10には、40種類以上の栄養素がバランスよく濃縮されたローヤルゼリーを配合。ローヤルゼリーに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸をはじめとした豊富な栄養成分は、健康的に若々しい体づくりのために効果的です。

ローヤルゼリーによって体の土台づくりからサポートできるステラの贅沢CoQ10は、コエンザイムQ10にプラスαの効果で、疲労防止やアンチエイジングなどさまざまな効果をしっかりと実感できるサプリメントになっています。

還元型コエンザイムQ10を活用して効率よく疲労防止を

コエンザイムQ10は疲労を感じている人こそ積極的に取り入れたい成分です。ここでコエンザイムQ10がもたらす疲労防止の効果を復習しておきましょう。

  • 血流を促進し、体のすみずみまで疲労回復に必要な栄養や酵素を届ける効果
  • エネルギー産生を促進し抗疲労作用
  • いびきを改善し安眠効果

コエンザイムQ10は体内でも生成されますが、年齢を重ねるにつれ産生量が減少する成分です。

体内で生成されるコエンザイムQ10と同じ還元型コエンザイムQ10のサプリメントを摂取することで、効率よくコエンザイムQ10を体内に取り入れることができます。

体のリズムを整えて健康的で若々しい体をキープするためにも還元型コエンザイムQ10を摂取してみてはいかがでしょうか。

TOP