健CoQ(ケンコク)

コエンザイムQ10の美容・健康への効果と効率的な摂取方法

疲れやすくなった、太りやすくなった…など体の衰えを感じやすい方に、気になる成分「コエンザイムQ10」。ここでは、コエンザイムQ10の持つ効果や多く含まれる食材、効果的な摂取方法と気になる副作用についてご紹介しています。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10の主な効果について解説します。

効率のよいエネルギー変換による疲労回復や代謝の上昇

食物に含まれる糖やビタミン、たんぱく質は体内でミトコンドリアがエネルギーに変換します。このミトコンドリアの働きを活性化させる補酵素がコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10が体内に適量あると、エネルギー変換が効率よく行われますので、内臓を含めた疲労回復や体力の増進をサポートします。さらに、効率の良いエネルギー変換により代謝も上がり、脂肪の付きにくい体づくりもサポートします。

血行の促進

血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化すると、過酸化脂質になり血行が阻害され、冷え性や生理不順、高脂血症や高血圧などの原因に。

過酸化脂質の増加を抑えるのに有効なのが、コエンザイムQ10の持つ抗酸化作用です。血行が促進されると諸症状の改善や予防だけでなく、体のエネルギー代謝率もアップしますので、栄養素も効率よく燃焼されダイエットサポート効果も期待できます。

免疫力の向上

コエンザイムQ10によってエネルギー産生が促されると、免疫細胞の代謝も上がるため免疫力も向上します。

さらに強い抗酸化作用は、体を病気やウィルスから守る免疫細胞の酸化も防ぐため、風邪やウィルス性の病気にかかりにくい体づくりにも役立ちます。

コエンザイムQ10は20代から減少

美容や健康まで幅広い効果のあるコエンザイムQ10が年齢とともに減少してしまうメカニズムについて解説します。

加齢による体の衰えが原因

コエンザイムQ10は元々人間の体内で生成される補酵素です。ところが、加齢により体の機能は徐々に衰えていくため、コエンザイムQ10の生産量も加齢と共に減少していきます。

コエンザイムQ10の生産量は、20代がピークです。その後加齢と共に徐々に減っていき、40代を過ぎたあたりで激減します。

生産量は減るが必要量は増える

コエンザイムQ10の生産量は加齢と共に減る一方で、必要量は加齢と共に増えていきます。よって、疲れやすさや体力の衰え、体の不調や太りやすさはコエンザイムQ10が不足しがちな40代過ぎに感じやすいため、意識的なコエンザイムQ10の摂取が必要になってきます。

コエンザイムQ10を含む食材

不足しがちなコエンザイムQ10を多く含む食材を紹介します。

青魚を始めとした魚類

コエンザイムQ10は魚類にも多く含まれている食材です。魚類の中でも、特にイワシやサバなどの青魚に多く含まれており、かつ血液をサラサラにするドコサヘキサエン酸(DHA)も一緒に摂取できます。

なお、焼いて食べるより生(刺身)で食べたほうが、摂取量が多くなります。

牛肉や豚肉

牛肉や豚肉などの肉類にもコエンザイムQ10は含まれています。肉類なら体のエネルギー源となるたんぱく質も同時に摂取できます。

ブロッコリーやほうれん草などの野菜類

コエンザイムQ10は野菜類にも含まれており、特に多いのがブロッコリーやほうれん草です。

コエンザイムQ10のサプリメント

コエンザイムQ10は食材だけでなくサプリメントからも摂取できます。ここでは、コエンザイムQ10のサプリメント「ステラの贅沢CoQ10」を紹介します。

還元型コエンザイムQ10を使用

実はコエンザイムQ10のサプリメントには「酸化型」と「還元型」があります。酸化型は体内に取り込んだ後、エネルギーに変換しないとコエンザイムQ10が活性化しないため、摂取できる量が少なくなってしまいます。

一方で、還元型はそのまま体内でコエンザイムQ10が活性化するので、多くのコエンザイムQ10を一度に摂取できます。

「ステラの贅沢CoQ10」は還元型コエンザイムQ10を100%使用しているので、2粒あたり100mgのコエンザイムQ10を摂取できます。

これがどのくらいの量かというと、コエンザイムQ10が比較的多く含まれているイワシで約15匹、また牛肉なら約3kg、ほうれん草やブロッコリーであれば10kg前後も食べてやっと摂取できるような量です。

クリルオイルを配合

「ステラの贅沢CoQ10」には、コエンザイムQ10と相性のよいクリルオイルも配合されています。クリルオイルとは南極オキアミというプランクトンから抽出される、DHAとEPA、アスタキサンチンが天然で含まれている素材です。

クリルオイルはコエンザイムQ10が体内に入る時の酸化を抑え、品質を保った状態で吸収される手助けをします。

ローヤルゼリーも配合

さらに、「ステラの贅沢CoQ10」にはビタミンやミネラル、アミノ酸など40種類以上の豊富な栄養素を含むローヤルゼリーも配合されていますので、コエンザイムQ10とともに美容と健康に嬉しい体づくりのサポートをします。

コエンザイムQ10の効果的な飲み方

コエンザイムQ10を効果的に飲む方法を見てみましょう。

継続して飲む

サプリメントに即効性はなく、継続して飲むことで効果が実感できます。「ステラの贅沢CoQ10」も3カ月から半年継続して飲んだ人から効果を実感できた、という意見が多くなっているので、まずは3カ月間継続して飲むことが重要です。

一日当たりの摂取目安量を守る

コエンザイムQ10のサプリメントには、一日当たりの摂取目安量が決まっています。「ステラの贅沢CoQ10」は一日当たり2~4粒を目安に飲むことを推奨していますので、この範囲内で自分に合った量を飲みましょう。

食後に飲むとより効果的

サプリメントのメリットは、いつ飲んでもOKなこと。ただし、コエンザイムQ10は補酵素のため、食後に飲むとより効果的です。

コエンザイムQ10で考えられる副作用

体に嬉しい効果のあるコエンザイムQ10に副作用はあるのか解説しています。

副作用はほぼないが状況に応じて医師に相談する

コエンザイムQ10は、元々人間の体内にある、そして医療分野でも使用されていた成分ですので副作用もほとんどなく安全性の高い成分です。

しかし、継続して薬を飲んでいる場合や、体の状態がデリケートになっている妊娠中や授乳中に飲みたい時は、状況に応じて飲む前に医師に相談しましょう。

子どもが飲むのも推奨されていない

コエンザイムQ10は食品にも含まれていますが、サプリメントを子どもに飲ませると過剰摂取になることも。コエンザイムQ10の過剰摂取による副作用は特に報告はありませんが、育ち盛りの子どもに飲ませるのは避けましょう。

コエンザイムQ10の効果を正しく得よう

コエンザイムQ10には美容にも健康にも嬉しい効果があることがわかりました。ここで内容をまとめます。

  • コエンザイムQ10にはエネルギー産生と抗酸化作用があるので、疲労回復や体力、免疫力、代謝の上昇、血行促進など美容と健康に嬉しい効果がある。
  • コエンザイムQ10の生産量は20代がピークで加齢と共に減少。40代過ぎに激減する。
  • コエンザイムQ10は食材だけでなく、サプリメントからも摂取できる。摂取目安量を守り、食後に飲むとより効果的。
  • コエンザイムQ10に副作用はないが、妊娠中・授乳中・服薬中には医師へ相談を。子どもへの摂取は推奨されていない。

これらのポイントを押さえて上手に摂取すれば、よりコエンザイムQ10の効果を得られるようになります。

TOP