健CoQ(ケンコク)

コエンザイムQ10の筋トレへの効果と摂取タイミングについて

筋トレを行っていてもなかなか思うように筋肉がつかない、筋トレをする時間がないので効率よく筋肉をつけたい、という悩みを持つ方は少なくありません。実は、コエンザイムQ10は筋トレにも効果的な働きを持つとして注目されています。

ここでは、コエンザイムQ10の基本情報や働き、筋トレへの効果、有効な摂取方法やタイミングについて解説しています。

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10の基本的な情報や2つの働き、酸化型と還元型コエンザイムQ10の違いについて解説します。

コエンザイムQ10の基本情報

コエンザイムQ10とは、人間の体で生成・機能している補酵素です。生成のピークは20代で、それ以降は減少していき40代になると激減します。また、加齢だけでなく病気やストレスなどさまざま要因で減少します。

コエンザイムQ10の2つの働き

コエンザイムQ10は「エネルギーの産生」と「活性酸素の除去」の2つの働きを主に担っています。

食物から得られた栄養素は細胞中のミトコンドリアによってエネルギーに変換され、人体を動かすために活用されます。このミトコンドリアの働きを活性化させるのがコエンザイムQ10の「エネルギーの産生」です。

また、体内には加齢やストレスなどが原因で活性酸素が発生します。活性酸素は体の機能を酸化させて機能の低下を招きますが、コエンザイムQ10はこの「活性酸素の除去」する作用も持っています。

「酸化型」と「還元型」の違い

コエンザイムQ10には、酸化型と還元型があります。

酸化型コエンザイムQ10は、体内でエネルギーを消費し還元型に変換しないと人体で活用されません。そのため、コエンザイムQ10は減った状態で摂取されます。

一方の還元型コエンザイムQ10は体内にあるコエンザイムQ10と同じもののため、変換の必要なくそのまま人体で活用され、コエンザイムQ10の量を変えずに摂取できます。

コエンザイムQ10摂取による筋トレへの効果

コエンザイムQ10の働きがもたらす、筋トレへの有効な効果について解説します。

必要なエネルギー産生のサポート

コエンザイムQ10は、筋肉に必要なエネルギー産生のサポートも行いますので、筋トレには欠かせない体力や持久力の向上にも繋がります。さらに、トレーニングによって筋肉を作り出すサポートも行います。

疲労回復のサポート

コエンザイムQ10のエネルギー産生によって体内へ十分にエネルギーが行きわたれば、疲労の原因となるエネルギー不足を防げます。

また、活性酸素によって血中の悪玉コレステロールが酸化し過酸化脂質となると、血流を阻害されたり、高脂血症や高血圧などの生活習慣病の原因になったり、代謝が落ちて疲労が抜けなくなったりします。

コエンザイムQ10は血中の活性酸素も除去しますので、血行が促進され代謝がアップし、疲労回復のサポートも行います。

老化防止をサポート

人間の体の機能が衰える「老化」とは、体の中の活性酸素が増えて細胞が酸化するのが原因です。コエンザイムQ10の持つ高い抗酸化作用によって老化防止をサポートしますので、筋肉の機能を若い状態に保つ効果もあります。

コエンザイムQ10の適切な摂取量とタイミング

筋トレにも有効な効果をコエンザイムQ10が持っていることがわかりました。次に、コエンザイムQ10の1日の摂取目安量とタイミング、気を付けるべき過剰摂取について解説します。

1日の摂取目安量

コエンザイムQ10の1日の摂取目安量は50mg~300mgです。効果を実感できる量には個人差があるので、この範囲内で自分に合った量を調整し、摂取しましょう。

摂取タイミング

コエンザイムQ10は、エネルギー産生を助ける補酵素ですので、一番良い摂取タイミングは食後です。さらに、筋トレを行う2~3時間前に摂取すると変換されたエネルギーを筋トレで効率よく消費できます。

逆に、空腹時に摂取しても変換すべきエネルギーの元である栄養素がないため、効果が得られません。空腹時の摂取は避けましょう。

過剰摂取には注意

厚生労働省では、健康食品であるサプリメントからのコエンザイムQ10の最大摂取量上限を300mgと定めています。これは、1日あたり300mgまでの継続摂取では重篤な副作用が出なかったという試験データからです。

人体にも存在する、比較的安全性の高い補酵素であるコエンザイムQ10ですが、1日の最大摂取量300mgは守って摂取するようにしましょう。

参考:コエンザイムQ10を含む食品の取扱いについて/厚生労働省

おすすめのコエンザイムQ10の摂取方法

コエンザイムQ10を効率良く摂取できる方法と、サプリメントの選び方について解説します。

食事からではなくサプリで摂取

コエンザイムQ10は幅広い食材にも含まれていますが、食材だけで必要なコエンザイムQ10を摂取するのは非常に困難です。

例えば、牛肉には100gあたり3mg、イワシには6.4mgのコエンザイムQ10が含まれていますが、1日の摂取量である100mgのコエンザイムQ10を摂取するには牛肉を約3kg、イワシなら15匹ほど食べなければいけません。

食材からコエンザイムQ10を摂ろうとすると、カロリー過多にもなるため、サプリメントからの摂取が効果的です。

合わせて摂りたい栄養素

筋トレに対する効果を得たい時、コエンザイムQ10と共に摂りたい栄養素が必須・準必須アミノ酸とビタミン類、ミネラル類です。筋肉疲労の原因である乳酸を抑え疲労を防止する効果や、トレーニングによる効果を効率的に筋肉へと変換する働きを持っています。

栄養素が豊富な還元型コエンザイムQ10サプリ

含有量をそのまま摂取・活用できる還元型コエンザイムQ10サプリがステラ漢方のサプリ「ステラの贅沢CoQ10」です。

また、体に取り入れたコエンザイムQ10の品質を保つサポートをするクリルオイルや筋トレの効果を高める栄養素である「アミノ酸・ビタミン、ミネラル」などを豊富に含むローヤルゼリーも配合しています。

さらに、厚生労働大臣が定めたの医薬品などの品質管理基準であるGMPを取得した国内工場にて、徹底管理のもとで製造されています。

「ステラの贅沢CoQ10」はコエンザイムQ10を効率的に摂取でき、かつ筋トレにも有効な栄養豊富、そして安全なサプリメントとしておすすめです。

筋トレの効果を得るなら還元型コエンザイムQ10サプリメント

コエンザイムQ10は筋トレにも効果的な作用を持っていることがわかりました。ここでポイントをまとめておきます。

  • コエンザイムQ10とは人体にある補酵素。栄養素からエネルギーを作成するサポートを行う「エネルギー産生」と、高い抗酸化作用を持つ「活性酸素の除去」の2つの働きを持つ。
  • 摂取しそのまま体内で活用できる「還元型」と、体内で変換しないと活用されない「酸化型」がある。
  • 必要なエネルギー産生、疲労回復、老化の防止と筋トレに効果的な働きも持つ。
  • コエンザイムQ10の一日摂取目安量は50mg~300mg。上限を守って摂取する。食後や筋トレを行う2~3時間前が効果的な摂取タイミング。
  • ・コエンザイムQ10を食材のみから摂取するのはとても困難なため、サプリメントから摂取する。サプリメントは還元型、筋トレに必要な栄養素も同時に配合、安全性の高いものを選ぶ。

コエンザイムQ10の働きと、効果的な摂取方法を知って筋トレに活用しましょう。

TOP