健CoQ(ケンコク)

加齢臭を招く食事、予防する食事について詳細解説

年齢を重ねるごとに悪化していく「加齢臭」についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。もちろん人間として自然なことである程度は仕方のないことなのですが、加齢臭は年齢だけでなく、実は「食生活」とも密接な関係があります。

今回は、食生活と加齢臭の関係について詳しくご紹介します。加齢臭対策として自分ができることをしておきたいという方は、ぜひお役立てください。

加齢臭を抑える食生活のポイント

加齢臭は年とともに発生していくリスクが高くなるものです。そのため、「このような物を食べていれば、絶対に加齢臭が起きる」「これさえ食べていれば絶対に加齢臭を防げる」というように言い切ることはできません。

しかし、食事に気を配ることによって加齢臭を引き起こすリスクを低くしたり、臭いを軽減したりすることは可能です。

ここではまず、どのようなものを食べていれば加齢臭のリスクを下げることができるのかということをみていきましょう。

抗酸化作用のあるものを摂取する

加齢臭は、「皮脂腺から出た脂肪酸(パルミトオレイン酸)が空気に触れて酸化し、ノネナールという臭いの原因物質が発生する」というメカニズムを持っています。そのため、脂肪酸の酸化を抑える食べ物を摂取することで、この対策することができます。

よって、ビタミンCやビタミンEなどを豊富に含む食べ物を摂取しましょう。

お腹の調子を整えるものを摂取する

意外に思われるかもしれませんが、腸内環境をよくすることで臭いを抑制することが可能です。腸内環境が悪いと、悪臭を引き起こす成分がよく生成されるようになります。

また、「便」は体のなかの有害なものを押し出すもっとも効率的な方法ですが、腸内環境が悪いと便秘などが引き起こされ、なかなか排便に至りません。

代表的な食品に、ゴボウなどの食物繊維が多いもの、ヨーグルトなどの乳酸菌を多く含むものがあります。

動物性の食材を避ける

動物性の食材は、豊富なたんぱく質を含むものも多く、非常に頼りになるものです。ただこれを摂りすぎると、臭いが発生しやすくなります。

たとえば肉類は、皮脂がよく発生しやすくなります。また、アルコールや油分が多い食生活もリスクとなります。

加齢臭の元となる食べ物

加齢臭に関係する食材の基礎を取り上げたところで、ここからは、「ではどんな食材が加齢臭の元となるの?」という具体例について見ていきましょう。

肉類・チーズなど

上でも述べましたが、これらの過剰摂取は皮脂の過剰分泌を招きます。また、腸内環境を乱す原因ともなります。「糖質制限をしていて、その代わりに肉類を多く食べている」という人は特に注意が必要です。

サラダ油など

サラダ油などの、リノール酸がよく含まれている油というのは、コレステロールなどの増加に関わってきます。これらは加齢臭だけでなくそれ以外のさまざまな臭いを招く原因ともなります。

「動物性の油がダメなら、植物性のものならばよいだろう」と考えるのは間違いです。肉×サラダ油でつくるからあげなどは、食べる量を考えたいものです。

臭いの出るものやアルコール

人が不快な臭いを漂わせているとき、その原因を「加齢臭」「ミドル脂臭」「汗の臭い」というように完全に分割することは困難です。そのため、加齢臭を漂わせている人は、それ以外の臭いをまとっていることもあります。

そして、ほかの臭いの原因ともなるのが「にんにく」などの臭いの強い食材です。にんにくは口臭をもたらす食べ物として有名ですが、これは血中にも影響を及ぼします。

消化を経てにんにく由来のアリシンという物質を取り込んだ血液は、皮脂腺から出ていく分泌物にも影響を与えます。このため、口臭だけでなく、体臭を悪化させる原因にもなります。

また、アルコールは汗にも影響を与えます。アルコールは急激に汗となって排出されますが、この「急激にかく汗」は臭いを発生する物質を多く持っています。さらに、アルコールを飲むことで体内の熱が上がり、汗の過剰分泌を招きます。

このため、アルコールの過剰摂取をしている人は、口臭だけでなく、強い体臭をまとうことも多いと言われています。

加齢臭を軽減・予防する食べ物

加齢臭の原因となる食べ物を見てきたので、ここからは逆に加齢臭を軽減する食べ物についても見ていきましょう。

パプリカやレモンなどビタミンCを含む食べ物

「抗酸化作用の強い栄養素」といえば、真っ先にあがるのがビタミンCです。

ビタミンCはそのパワフルな抗酸化作用で美白成分としても名高く、さまざまな化粧品にも「ビタミンC誘導体」というかたちで配合されています。もちろん、「食べて摂取する」という方法でも有用に働きます。

「ビタミンCが含まれている食材」というと多くの人が「レモン」を挙げるでしょう。ただ、実はレモンよりもパプリカ(特に赤ピーマン)のほうがビタミンCの含有量は多いのです。レモンの1.7倍もあります。

ちなみに、レモンがなぜビタミンCの代表例として語られるようになったかというと、「レモン100gに、ちょうどビタミンCが100mg含まれており、そしてこれは成人女性の1日にとるべきビタミンCの量とほぼ等しいからだ」という説があります。

あんこうの肝やすじこなどビタミンEを含む食べ物

もう一つ、ビタミン類のなかで高い抗酸化作用を誇ると言われているのが、「ビタミンE」です。

ビタミンC・ビタミンAとともに「ビタミンACE(ビタミンエース)」としても取り上げられるこの栄養素は、あんこうの肝やすじこなどによく含まれています。それ以外には、キャビアやいくらなどにもよく見られます。ただ、珍しい食材で高額なため、摂取するのは困難です。

しかしオイルサーディンや焼きたらこなどにもビタミンEは豊富に含まれているので、これを利用するとよいでしょう。また、モロヘイヤや大根の葉にも比較的多く含まれます。

緑茶などポリフェノールを含むもの

また、ポリフェノールなどの抗酸化作用が期待できる成分を含んだ食品も利用価値が高いものです。特に緑茶などは、カロリーもなく、健康によいので積極的に摂っていきましょう。

食事以外で加齢臭対策におすすめの方法

ここまで「食事で行う加齢臭対策」について見てきましたが、それ以外の対策もあります。

生活習慣を改める

寝不足やストレス過多の生活は、加齢臭を招く原因となります。食生活に気をつけるとともに、良質な睡眠を心がけ、ストレスを解消する方法を身につけるようにしてください。また、適度に運動をするとさらに効果的です。

デオドラント系のアイテムを使う

「臭い」に対するもっとも即効性のある方法がこれです。臭い対策として有用な石けんなどを利用しましょう。香水を利用するのも一つの方法ですが、「上に新しい臭いを足す」というよりも、「今ある臭いをブロックすること」に重点をおいたもののほうがおすすめです。

コエンザイムQ10を摂取する

「コエンザイムQ10」というのは、現在非常に注目されている成分です。高い抗酸化作用を誇る成分であり、体の酸化を防ぐものとして注目されています。

ビタミン様物質の一つであるこのコエンザイムQ10は体内でも作ることができますが、加齢とともに徐々に減っていってしまいます。

食品からも摂取することは可能ですが、より効率よく摂取しようとするならば、サプリメントからの摂取がおすすめです。

コエンザイムQ10のサプリメントなら、たとえばステラ漢方の「ステラの贅沢CoQ10」などが有名ですね。安心安全の国内生産であり、品質保証機構の認可を受けた工場で生産されています。

サプリメントは、食事とは異なり、調理する手間もいらずにすぐに摂取できるのが魅力です。

なお、一時コエンザイムQ10に関する健康被害が取りざたされましたが、厚生労働省から、「明らかな健康被害はない」という見解が出されています。

出典:厚生労働省「コエンザイムQ10の安全性に関する食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について」

加齢臭は食事によって抑えることができる

加齢臭は食事によって悪化することもあれば、食事によって抑えることもできるということをご紹介しました。加齢臭を悪化させないために、控えめにしておいたほうがよいものは以下です。

  • 動物性の食材
  • アルコール
  • にんにくなどの臭いの強い食材
  • サラダ油

また、加齢臭を抑えるために必要なポイントは、

  • 腸内環境を整える食材やビタミン類などを積極的に摂取する
  • 体内の酸化を防ぐことに役立つと言われているコエンザイムQ10を摂取する

でした。コエンザイムQ10は食事で摂るのは大変なので、サプリメントなどを利用しましょう。

TOP